神の紹介

ここでは、ゲームに登場する

神々を紹介します。

岩の神

ヴァラフォス


全ての責任を逃避する

防御タイプ

<特殊能力>

頑なな意思(パーフェクトシールド)

1ゲームに1度だけ、世界統治の責任を逃れることができる。この効果は、①自らが終焉の世界へ移動したとき、②他の神が幸福な世界を見つけたとき、もしくは、③他の神が特殊能力を発動したときに発動できる。(①のときは対象世界を除外、②③のときは統治数が増えない。)

傲慢の神

クスィパスメノス


攻守のバランスが良い

防御&迎撃タイプ

<特殊能力>

傲慢にも程がある(アルティメットアロガント)

1ゲームに1度だけ、世界統治の責任を左右どちらかにいる神に押し付けることができる。この効果は、自らが終焉の世界へ移動したとき、もしくは、他の神が幸福な世界を見つけたときにのみ発動できる。

無の神

ティポタ


統治責任を無に帰す

回復タイプ

<特殊能力>

無の極地(ニルヴァーナ)

1ゲームに1度だけ、これまでに自らが責任を負うことになった世界を初めから存在しなかったことにできる(幸福な世界が発見されたことに起因する世界も含み、この場合、他の神も同様に影響を受ける)。 対象となった世界はゲームから除外する。この効果は、自らのターンの始めにのみ発動できる。

記憶の神

ムネーメ


事実を捻じ曲げる

迎撃タイプ

<特殊能力>

記憶の改竄(リターン・ザ・ワールド)

1ゲームに1度だけ、自らの世界線の移動をやり直す、もしくは他の神にやり直させることができる。対象となる世界は、やり直し前の座標から移動させずに扉を閉じる。また、対象となった神のターンにおいて、対象となった世界へは移動できない。この効果は、自らもしくは他の神が世界線を移動したときに発動できる。

無邪気の神

アソオス


犠牲を厭わない

博打タイプ

<特殊能力>

ルールとは無視するもの(イノセントワールド)

1ゲームに1度だけ、3つの扉を犠牲トークンとして選択する。その後、終焉の世界へ移動したときに、犠牲トークンをめくる。平和もしくは幸福な世界であれば、犠牲トークンが代わりに責任を負う。終焉の世界であれば、残りの世界統治可能数に関係なく即敗北となる。なお、この神が敗北したとき、未使用のトークンは場に戻る。この効果は、自らのターンの始めにのみ使用できる。

艶美の神

オモルフィ


絶頂を狩る

迎撃タイプ

<特殊能力>

幻煙風景(ゴッドハンター)

 1ゲームに1度だけ、他の神が発動した特殊能力の効果を阻止することができる。また、発動を阻止した特殊能力を自らの能力として発動できる。奪った特殊能力の発動タイミングは、その特殊能力の効果発動タイミングに依拠する。

双子の神

ズィズィミ


数の有利で殴り倒す

防御&攻撃タイプ

<特殊能力>

棣鄂之情(ワールドシェア) 

自らのターンにおいて移動した世界が終焉の世界のとき、もしくは、他の神が発動した特殊能力により責任を負うときには、責任を負う世界統治数カウントは半分になる(割り切れない場合は切り捨て)。他の神が幸福の世界を見つけたときには適用されない。この効果は、ゲーム終了まで永続する。

終焉の神

テロス


ハマれば最恐最悪

攻撃タイプ

<特殊能力>

神のみぞ知る世界(ゴッドオンリーノーズ)

1ゲームに1度だけ、移動済みの全ての終焉の世界の扉を閉じることができる。他の神は、扉を閉じた終焉の世界の座標を知ることができない。この効果は、自らのターンの始めにのみ発動できる。

光の神

フォス


賢く攻める

偵察タイプ

<特殊能力>

深淵に差し込む光(シャイニングスコープ)

自らが宣言した数の世界を、他の神に知られることなく確認できる。宣言した世界数を自らの世界統治数としてカウントする。この効果は、自らのターンの始めに何度でも発動できる。